高圧ホースをユーザーが修理対応することは危険か

高圧ホースは、高圧洗浄機などでも用いられる他に、産業用の油圧ホースも存在するなど様々な現場で活用されています。高圧ホースを修理する必要があるのは、ホースの劣化による破れやひび割れのケースでそれを対応することが急務になります。

 
まず高圧ホースが劣化するための原因としては、熱やゴムの硬化による劣化を原因とすることが多く、ねじれや擦れを原因とすることもあります。他にもピンホールや金具の抜け落ち、ワイヤーの外れにより修理を必要とすることも多いです。

 
ワイヤーの外れとは油圧の場合には、物凄い圧力がかかることも多いため、ワイヤーを内部に仕込ませており、それによって容易に亀裂などが発生しない様にしている特徴があります。つまり油圧の高圧ホースを素人の方が修理をするのは危険で破裂などを起こし、中の油液が飛び出してしまう懸念があります。
中の油液が飛び出すと周囲の環境の悪化や人体にも影響を与えてしまうことも存在します。油分からもたらせる圧力は半端ない特徴が存在するため、水圧とは次元が違うことを理解しておくことがポイントになります。

 
産業用の場合は、一般家庭で用いられる方法と業務用という別次元となるため、出来る限り応急措置を行うのではなく、適切な修理の依頼を行うことがポイントです。そのため油圧系の機器の高圧ホースは専門家に修理を依頼することがもっとも適切な方法になります。

 
修理方法としては一番、ポピュラーな方法は高圧ホースごと取り替えることが良く、それならば注意をすればユーザーでも十分に対応することができます。また水圧の場合には応急措置としてビニールテープを巻く方法で十分に対応することができる場合も存在します。

 
従って家庭用の高圧洗浄機などの場合であれば、一時的な修理方法にはビニールテープを巻くことを選択すると良いです。またよく起こりがちなのは、高圧ホースを使う上では用途に対応していないホースを選択してしまったというケースが見られます。

 
高圧機器を購入した時に付属品で付いていますが、別売りの場合は慎重さを要することに注意も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です